Blue Nova

管理人のフリーダム横行地帯。別名:管理人の反省室。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激動の文化祭 当日編


これを書いているときは、文化祭二日目が終わり、

実は心身ともにヘトヘトな雁沙です。

さて、文化祭レポートの更新です。

今回は、二日間にわたる、文化祭本編の激闘を描きました。

ではご覧あれ。


―まさかこんなことになるとは。

我々の出し物の教室は、

かなりの数の子供と保護者たちで賑わっていた。

確かに、我々の出し物は、どちらかといえば子供を対象とした、

ミニゲームをする系統のものである。

だが、この繁盛ぶりがあっていいものか。

おかげで休まる暇もない。

くそう。楽ができそうだからというのが、

我々が団体を持ち上げた一つの理由であるというのに。

客は次々にやって来て、かなり忙しい。

事後に来客数をまとめると、実に500人を越えていたという・・・。


さて、そんな中でも我々の奇行は止まらない。

スタッフのみが立ち入りできるスペースを用意し、

フリーの時間中、我々はその中で終始遊んでいた。

内容はもっぱら、PSPなどのゲームだ。

本来は持ち込み禁止なのだが・・・

もはや関係はない。

私もアキュから借りた"ギルティギア"を遊んでいた。

しかし、当番の順番が回ってくると、そうもいかない。

表に出て、接客を始める。

最初は真面目にやっていたのだが、

こんな時でも、彼らははっちゃけることをやめてはくれなかった。

よく見ると、メンバーのO君が、

色々なアイテム(眼鏡など)をつけた紙袋を被っている。

20060919001824.jpg

その見た目は、だいたいこんな感じだ。

(絵は、ギルティギアのキャラより

ここまで怖くはないが。

しかも、そのままで出入口すぐの場所にある机の椅子に座っている。

どう考えても目立つ。

まあ、面白かったので放置しておいたが。

またU君は、ギャルゲーのキャラクター名と思われる名前を連呼し、

人前ではしゃいでいた。

これはさすがに、持っていた鈍器の柄でU君を殴ってあげた。

そのようなことが繰り返され、二日間の文化祭は終わり。

文化祭最後のイベントとして、"後夜祭"が行われる。

これは、学校の生徒のみで、

盛大にお祭り騒ぎを長々と繰り広げるものである。

しかし、我々は周囲の嗜好とは逸脱した人間ばかりで、

そんなイベントで盛り上がるはずもない。

ある者は寝てしまい、

ある者は司会に対して密かに罵声を連射していた。

ちなみに私は両方であった。


そして、二時間弱にもわたる後夜祭をどうにか終え、

どうにか帰路に着くことができたのは午後の6時。

まあ、ある意味有意義な文化祭であったのだろうか。

空はすでに宵闇の色に染まり、

私に吹く風は、わずかに涼しさをもたらしてくれる。

電車を降りた私を迎えたのは、私の好きな、夜の街の色であった。

トラックバックURL

http://veiscroiz.blog53.fc2.com/tb.php/20-1aa33529

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。