Blue Nova

管理人のフリーダム横行地帯。別名:管理人の反省室。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休みフィーバー/Zauber


最早何も憚る事無く、ROに接続する私。

スロットが増築されている訳であり、早速新キャラクターを作成、

レベル上げに励む。

日曜日は塾の試験が在るのだが、それは忘れた事にする。


コメント返信:

サイクロン7>
試験お疲れ。
これで少しは落ち着いた生活スタイルになりそうね。
夜の更新を楽しみにすると言うか、ラグナロク関連の記事なんだけどな。
少しだけ読み物調ではあるのだけれど。



キャラ紹介に先んじ、一つ語ってみる事にする。




ラグナロクの世界には、ウィザードと言う職業が在る。

多彩な術を行使し、並み居る敵を圧倒する魔術師の事だ。


水・火・風等の属性を持つ各々の大魔法の威は、

他の者達の追随を許す事が決して無い。


欠点を挙げるならば、彼らの多くは打たれ弱く、接近戦に弱い点であり、

その状況に追い込まれぬ為の技術力が、ウィザードには必要不可欠な訳である。


戦闘の型分けも様々で、

高速の魔法詠唱を只管に追求する者、

敵の攻撃を鮮やかにかわしながら戦う者、

打たれ強さを補い、攻防を両立せしめる者、

時には、魔法を主とせずに短剣を以って戦う者も居る。

因みに"型"の人口の割合としては、

個人的に見た限りならば、恐らく95~99%程度の魔術師が、

所謂"高速詠唱型"に該当すると推測される。

事実、他の型を未だ嘗て私は見た事が無い。


しかし、そのような事柄とは関係なく、

私はこの"ウィザード"という職業そのものに、

非常に強く、それであり奇妙な縁を感じ取って止まない。


言うまでも無くウィザードとは人間であり、

然るべくして十人十色の人間性を持ち合わせる。

これは、他の全ての職業に於いても言える事であろう。


私は、過去に何人かの魔術師と少なくとも浅からぬ関わりを持った事が有る。

仲間として共に戦った魔術師、

友として互いについて語り合った魔術師、

敵として刃を交えた魔術師、

師として戦術を教えて貰った魔術師。

私自身が魔術師として戦っていた時期も有る。

色々な事があった。


(一部の表現を削除しました)


さて、そのような事柄とは凡そ関係無く、

今日からラグナロクに於いて、そんな魔術師を今一度始めようと思う。


今回、私の新たな分身として誕生した者の名は、

ひとまず、"カーチス"とでも呼んで貰おう。

途中で育成を投げ出さぬ様に頑張って行きたい所ではある。


よくよく考えると、本ブログを開いて以来で

正式にキャラクターを作ったのは、今回が初めてだ。

裏側では何人か作っていたのだが。


因みに"カーチス"の名前の由来は、

まあ単純に響きの良さそうな名前であったからである。

また、本来の読み方は僅かに捻ってある。


さて、個人的に気になるのは現時点の所持装備なのだが、

色々使えそうな装備を拾い集め、このようなラインナップとなっている。

・S2アークワンド(Slot Empty)
・+4 とんがり帽子
・+4 ハード ロングコート
・+4 マフラー(Slot Empty)
・+4 リジット ガード(実は一年以上前の代物)
・+4 S1シューズ(Slot Empty)
・ヒール クリップ
・テレポート クリップ(使い回し)

初期ステータス:

INT9 DEX9 AGL9


先日の下準備の御陰で装備がやけに豪勢である。

間接的に"形から入る人間"と呼ばれてしまったよ。


如何にも最初から強そうなマジシャンが出来上がりそうだが、

無論Job50転職を目指す心算なので、最終的にはさして変わらない筈だ。


さて、キャラ作成から今これを書いている時点で数時間になるが、

その間の育成の成果でも。

ノービス

ラグナロクの世界に降り立って間も無いカーチス。

此処から廃狩りが始まるのであった。


食人花園

ノービスから約30分で一次職のマジシャンに転職し、

クエスト云々を終えていよいよハンティングを始める。

因みにこのマンドラゴラの集落はこの後美味しく頂いた。


よくわからないことに

レベルが上がるのが兎に角早い為、速攻でアルギオペ狩りに赴く。

上のSSは鬼トレインの様子。団子状になっていて何匹いたか把握できず。


本日の収穫

そしてマジシャンの聖地、土精狩りへ。

更に本日のレアアイテムとして、マンティスカード。要らない。


本日の収穫はゴミ

要らないカードは出る。最早これは摂理とさえ言えよう。

しかし一日にカード二枚は頭がおかしいとしか言い様が無い。

1/10000の確率でドロップするのが一日二回だとかな。


勢いでSSのみ紹介したが、狩場の流れは以下のようになっている。

~LV14:プロンテラ下水道1F

<マジシャン転職>

~LV24:プロンテラ→↑、マンドラゴラ。

~LV33:プロンテラ→↑↑、盗蟲雄、アルギオペ等。

~LV45:プロンテラ↑↑、アルギオペ。

~現在:龍之城フィールド、土精。


そして現在のLVが、BASELV49/JOBLV35。

ギルドメンバーの協力等は一切無し。寧ろキャラの存在自体知られていない。

キモイな。


さて記事のボリュームが半端ではなくなってきたので、

一先ずはこの辺にしておこう。


気が向けばまた、簡単な育成記でも書くとする。

後はキャラ紹介用の顔グラフィックも描かねば。



後、最後に一つ言っておくが・・・

魔術師の殆ど全てが"高速詠唱型"に該当し、"ウィザード=高速詠唱"の方程式が、

凡そイデオロギー<前提条件>と成っているであろう現在の趨勢の中、

私がこのイデオロギーに必ずしも該当するとは限らないのである。


これは先日、一部の方にもカミングアウトしたが・・・つまりは"そう言う事"である。

トラックバックURL

http://veiscroiz.blog53.fc2.com/tb.php/54-e3c82555

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

御前…

試験乙。俺はもう追試勉強だずぇぇぇぇorz

というか、御前もうマジシャンかよ…早すぎね?w

確かに御前のレア運は頭可笑しいよ(失礼)。
俺もある意味可笑しいが。全然でないって何よorz

それと、俺のブログで御前に
ちょっとした知らせがあるから、ブログを見て欲しい。
内容は…まぁ…ね。
『頑張って生きろ』それだけだ(ぇ。

  • 09/03/2007
  • アキュレイル ♦ncVW9ZjY
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。